令和元年度助成先「青少年と障がい者の自立支援センター とっておきの広場」

  • 2020年04月10日

1.事業名

ドキュメンタリー映画「道草」上映会

 

2.事業の目的とその背景

ドキュメンタリー映画「道草」を通し、重い発達障害があっても重度訪問介護制度の対象拡大によりヘルパー付きの一人暮らしができおる可能性が広まったことを知り、関係者・関係団体の活動を発展させることを目的に開催する。青少年と障がい者の自立支援センター「とっておきの広場」においても、親なき後のお子さん達の将来の現状を考え、今回の映画を通し一つのケースとして親御さん達にも関心を持っていただく必要を感じるに至りました。

 

3.事業の内容

準備期間 2019年5月10日~2019年11月16日

実施期間 2019年11月17日 午後1時~午後4時

内容 「道草」上映、監督と保護者との対談、作業所等の物販

 

4.事業実施にあたっての工夫点とその効果

・チケット販売のほとんどを対面で行った。

・Facebookやラジオ・チラシ等多くのメディアを利用し目的の拡散をした。ミヤギテレビ“Oh!バンデス”での告知。

・行事等を行う場所に赴き販売した。

・聴覚障害者のため字幕付き・手話通訳を準備した。

・監督と当事者親との対談は来場の皆さんへ大きな反響があった。

・障がい者児童達の造形教室「つくって遊ぼう」作品展示。

 

5.全体的所感、終了しての感想など

・映画の上映を通して多くの方に制度についての理解を広め、今後の活動のきっかけをつくるために役立った。

・遠くからもわざわざ来て下さり、アンケートも80%以上の方が協力してくれるなど、充実した1日であった。

・上映することができ満足感でいっぱいである。ありがとうございました。

その他の記事(最新10件)