平成29年度助成先「NPO法人アートワークショップすんぷちょ」事業報告

  • 2018年05月02日

NPO法人アートワークショップすんぷちょ(宮城県仙台市)

1.事業名

多様性ある人々の繋がりを生むためのダンスワークショップ「オドリノタネ」

2.事業の目的とその背景

障害のある人が家庭や施設以外に土日休日に安心して居られる場所は少ない。平日日中に就労支援施設に通っている方にとっては、施設での活動以外の場所に新たなコミュニティを持ったり、施設などの公的支援に結びついていない方にとっても、障害を持っていても安心して社会との繋がりを持てる機会やきっかけが少ないことをこれまでの活動を通して実感してきた。「障害者のための」サロン活動や「コミュニティカフェ」はあるが、それでは多様な人との繋がりを持ちづらい。再び災害が起きたとき、障害の有無を超えた人の輪がマイノリティの孤立を防ぐ。

3.事業の内容

【スケジュール】

期間:2017年6月~2018年3月末

実施日時:毎週土曜日 10時半~12時

場所:せんだい演劇工房10-BOX

参加費:一般500円、障害者手帳をお持ちの方300円、ファミリー割引800円(世帯を同じくする方何人まででも)※未就学児無料

定員:15人

参加対象:年齢や障害の有無関わらず、どなたでも。

4.事業実施にあたっての工夫点とその効果

チラシを就労支援施設、放課後等児童デイサービス、児童館、市民センターなど、年齢や場所など幅広い場所に設置しました。その結果、毎回幅広い年齢層の方、障害の種類の方が参加し、交流が生まれました。土曜の開催ということもあり、開所している事業所からは個別活動の一環として、定期的に利用者さんと職員さんが参加する姿もありました。またファシリテーターからは、毎回様々な参加者がいることで、その都度内容を変えたり、当日の様子を見ながら進行するというスキルを磨くことができ、レベルアップに繋がったという声がありました。

5.全体的所感、終了しての感想

当団体が主催するほかの事業(舞台公演や、外部施設での依頼パフォーマンス)に参加された方が、オドリノタネを知り、参加するケースが多かったです。また親子参加、父母両方と子どもで参加される方も多く、はじめは子どものためと来ていた方々が、お母さんのリフレッシュにもなると定期的にきてくれるケースもありました。発達障害や自閉症のお子さんを連れて、親子で参加できる週末のイベントなどが少ないので、オドリノタネのように安全な場所で親子共々のびのびとできる環境が嬉しいとの感想がありました。今後はそういった親子のためのダンスワークショップとして企画することも検討中です。



 

◆NPO法人アートワークショップすんぷちょ

代表 及川 多香子

〒982-0833 仙台市太白区八木山弥生町12-3

TEL:070-5017-5904

その他の記事(最新10件)