平成28年度助成先「NPO法人アミューズおひさま」事業報告

  • 2017年10月03日

NPO法人アミューズおひさま(宮城県仙台市)

「シニア女性のための生きがいづくりと健康教室」

1.事業の目的とその背景

活動から見えてきた3点の課題(被災者や配偶者のいない女性が老後に不安を持っていること。シニア女性特有の体や心の悩みを話せる場がないこと。同年齢の方と知り合える気軽な場所がないこと。)を解決するために、本年度、50~60代の女性の居場所づくりを行った。

・健康な老年期を迎えるための学びを提供する。

・子育てが一段落した女性の新たな生きがいづくりをサポートする。

・介護中のリフレッシュとなるような癒しを提供する。

・緩やかな関係性の仲間づくりをサポートする。

2.事業の内容

6月~開設の向けて準備、広報開始

第1水曜日 午後1時30分から みやぎNPOプラザ、市民センターなど

参加費:200~500円 参加者:50~60代女性

全9回 延べ84名の参加

・第1回大人のぬりえ ・第2回ハンドメイド ・第3回脳トレで認知症予防 ・第4回昭和歌謡フラ 

・第5回ゆったり和みのヨガ ・第6回クリスマスハンドメイド ・第7回占星術 ・第8回自分大好きケア ・第9回リフレッシュルーム

3.事業実施にあたっての工夫点とその効果

事業実施に当たって工夫した点は、健康につながるテーマを必ず盛り込んだ企画をしました。テーマの内容が参加人数に反映され、多い時と少ない時の差がありました。また、テーマに興味を持つ者同士の仲間づくりができたことは効果と感じます。 毎回の後半の交流タイムでは、リフレッシュできる空間を提供し、友達ができるような雰囲気作りを心がけました。参加者の動機は、定年退職しこれからの人生を楽しみたい、介護中なので自分のための楽しみを見つけたい、健康寿命を延ばすための学びを求めて一歩を踏み出した。というところでした。

4.全体的所感、終了しての感想

助成金をいただいての事業が終了することから、アンケートを実施しました。その結果、体を動かすことと物を作る場を求めていりことがわかりました。そこで、今後につながるような仲間づくりのサポートと活動の提供をしました。子育て支援活動や要支援高齢者支援事業に参加いただき、ボランティアとして支えあいをしてくださるようになり、私たちの団体としても収穫となりました。シニア女性は自分自身が身体的(アフター更年期)な健康不安を持ちつつ、介護やこれからの自分の人生など悩みの多い時期だと感じました。そんな彼女たちが無理なくQOLを高められるような活動を継続していこうと思います。6月に運動フェスタを実施する準備を始めます。

 

◆特定非営利活動法人アミューズおひさま

平塚香代子

TEL:022-291-1916

mail:ohisamakids@gmail.com

その他の記事(最新10件)